インフルエンザ毒性 ダチョウマスクで新型インフルエンザも予防できる!

ダチョウから精製された抗体でウイルスをカットできます。 すなわち、マスク上でインフルエンザウイルスを撃退する画期的なマスクが登場しました。

ホーム > カテゴリー - インフルエンザ毒性

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【即納!!激安!!】細菌遮蔽率99%!!サージカルマスク(50枚入)

【即納!!激安!!】細菌遮蔽率99%!!サージカルマスク(50枚入)

インフルエンザの弱毒性、強毒性とは?

インフルエンザには弱毒性と強毒性があります。



これはインフルエンザが弱い毒や強い毒を出すという意味ではなく
どれくらいウイルスが増えるのか、



そして

その量により、弱毒性・強毒性

が決まります。



さらに

人間のどの場所でウイルスが繁殖するのか

ということも弱毒性・強毒性に大きく関係しています。


今回の新型インフルエンザは

鼻や喉の粘膜のあたりで繁殖

をしています。


それ以外の場所では繁殖できないから弱毒性になります。



一方これが、強毒性のウイルスになりますと、

目などのありとあらゆる粘膜

から入ってきて、



ありとあらゆるところで増殖

します。



肺でも増殖をしますので、


それによって

呼吸困難など急激に症状が悪くなる

ことがあります。



それで、強毒性と呼ばれているということなんです。



今回の新型インフルエンザは
鼻や喉の粘膜のあたりで繁殖をしています。



それ以外の場所では繁殖できないから
弱毒性になります。



一方、強毒性のウイルスは、
目といわずあらゆる粘膜から入り増殖します。



肺などで増殖すると命にかかわることになり、
急激に症状が悪化するのです。


スポンサーサイト
[ 2010/02/02 08:48 ] インフルエンザ毒性 | トラックバック(-) | コメント(-)

【即納!!激安!!】細菌遮蔽率99%!!サージカルマスク(50枚入)

【即納!!激安!!】細菌遮蔽率99%!!サージカルマスク(50枚入)
花粉症・インフルエンザ対策は・・・
検索フォーム
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。