インフルエンザの予防 ダチョウマスクで新型インフルエンザも予防できる!

ダチョウから精製された抗体でウイルスをカットできます。 すなわち、マスク上でインフルエンザウイルスを撃退する画期的なマスクが登場しました。

ホーム > カテゴリー - インフルエンザの予防

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【即納!!激安!!】細菌遮蔽率99%!!サージカルマスク(50枚入)

【即納!!激安!!】細菌遮蔽率99%!!サージカルマスク(50枚入)

インフルエンザの予防はどうすればいいの?

インフルエンザにかからないようにするには
どうすればいいのでしょうか。




インフルエンザというとまずワクチンですが、
一般に効果的といわれているのは

ワクチン、手洗い、うがい、マスクの着用です。



ワクチン以外の予防法を取り上げ、
感染ルートから見てみましょう。



インフルエンザといえば
「飛まつ感染」があげられます。



感染した人のせきやくしゃみですが、
くしゃみの飛距離は2m程度です。



そして1回のくしゃみに含まれる
ウイルスの数は数百万個といわれています。



しかし、通常感染した人からのくしゃみを
直接浴びるようなことは少ないはずなのに


どうして感染するのか。



原因は手です。




せきやくしゃみが出る時
おさえようと手を添えます。


そのときにウイルスがついてしまうのです。


その手でドアノブや電車のつり革に触ったりすると
そこにウイルスがつき、



さらにそこを触った他の人にも
ウイルスがついてしまうのです。



そういったことからインフルエンザウイルスが
広まった可能性が十分あるのです。




インフルエンザウイルスの生存時間は
金属の上では数時間、場合により1日以上といわれています。




消毒液のアルコールはウイルスを殺す効果もありますが、
消毒後ウイルスがついたものに触ると

ウイルスを貰ってしまう可能性があります。




そんなことにならない為には咳エチケットが大事です。



まず、マスクを着用しましょう。




マスクをしていないとき、
咳やくしゃみが出そうになったら


手で押さえずに腕などで口を覆う



と手にウイルスがつくのを予防することができるのです。




スポンサーサイト
[ 2010/02/17 08:44 ] インフルエンザの予防 | トラックバック(-) | コメント(-)

【即納!!激安!!】細菌遮蔽率99%!!サージカルマスク(50枚入)

【即納!!激安!!】細菌遮蔽率99%!!サージカルマスク(50枚入)
花粉症・インフルエンザ対策は・・・
検索フォーム
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。